ビルスターの特徴

足場だけでなく、先進の無足場工法も得意としています

ビルスターは足場での施工だけではなく、無足場ロープアクセス工法での施工も得意としています。無足場ロープアクセス工法はこれまでの外壁改修工事では必須とされてきた足場いらずで施工が可能な優れた工法です。安全性にも優れ、国土交通省などの公共事業でも採用される技術です。
また、ビルスターは無足場工法専門ではなく、足場を使っての改修工事も多く行っています。無足場だけではない、足場だけでもない。それぞれの特徴を活かし、最適な施工方法をご提供します。
無足場工法併用でこんなことも解決します

ビルスターならこれまでの常識が変わります
外壁工事は無足場併用で効率よく施工する新時代へ

マンションで足場を架設すると日当たりや防犯のことで入居者からクレームに。ビルスターなら足場不要です。
商業施設の改修工事をしたいが足場をたてると商売にならない。ビルスターなら足場不要です。
隣の建物の影響で足場が架設できない。
ビルスターなら足場不要です。
最上階の一部の施工のために足場費用がものすごい。ビルスターなら足場不要です。
Point1

建築工事にはなくてはならない足場。無足場ロープアクセス工法なら多くの工事で足場が不要になります。

打診調査(打音調査)・雨漏り調査・シーリング(コーキング)・塗装・タイル工事・防鳥対策工事・・・建物を建ててから必要になる維持・メンテナンス工事の多くで足場がなくても施工可能です。
Point2

安全・安心な技術です。国土交通省・厚生労働省も認めた世界で広がる無足場工法です。

ロープアクセスはヨーロッパ生まれの工法。日本では土木の世界で一足先に普及しています。安全・安心な世界基準の工法をビルスターは日本でも提供します。
Point3

大規模改修工事から部分補修・緊急工事まで

ビルスターは無足場工法専門業者ではありません。建物改修工事の専門業者です。
大規模改修工事では足場を使って、あるいは無足場ロープアクセス工法で、あるいはミックスして、最適な工法をご提供します。
雨漏り調査・部分補修では迅速対応が得意な無足場ロープアクセス工法を中心に、高所作業車や足場での施工で最適な工法をご提供します。
Point4

リピートのお客様中心の安心・高品質施工

ビルスターのお客様はリピートの方が中心。の外壁工事は、リピートしていただける施工を心がけています。
例えば塗料は入居者や利用者に優しい、一流メーカーの水性塗料をご提案しています。例え安くできても、利益が出せても、入居者様やオーナー様のためにならない施工は致しません。
施工は自社職人を中心とした高品質施工。無足場ロープアクセス工法も、足場での施工経験豊富な自社職人が施工します。
管理会社様などからリピートいただくことが、安心・高品質その証です。
豊富な施工実績

ロープアクセスを使った施工事例

ダウンロード無料

豊富な施工事例からあなたの課題を解決する方法をご確認ください

無足場ロープアクセス工法の豊富な対応工法

調査・点検から塗装・大規模改修・機器の設置など様々な工事に対応

亀裂補修
外壁塗装
シーリング・コーキング
雨漏り調査・雨漏り対策工事
看板点検・塗装・シート工事・電飾工事
打ちっ放しコンクリート防水
ダクト・ダクトカバー工事
タイル打診調査(打音調査)
お客様の声

「もう不可能かなと思っていた工事が出来た」
「これを探していた!もっと早く知っていれば」
等の声が寄せられています

隣との関係で足場が架設できず、もう入居者を入れることはできないと思っていた工事が出来ました

 

雨漏りしているけど前オーナーがトラブルを起こしたようで、工事が全く出来ずずっと空室のままで放置していた。無足場で下地補修から塗装まできっちりと施工してもらって、ようやく入居者を入れることができるようになった。

 

マンション 個人オーナー

工事はしろ、でも営業するのに困るから足場は建てるな…途方に暮れていた案件が解決しました

 

商業施設の入居者から外壁工事をしてくれと言われていたが、一方で足場は困るとも。どうしたらいいのか、頭を抱えていましたが、最小限の規制だけで施工してもらえてホッとしました。

 

商業施設 管理会社

雨のたびに浸水するが、隣の家との隙間が狭くすべての業者に断られた

最後に見つけたビルスターに施工してもらえて、ようやく安心して住み続けられます

 

狭すぎて足場が建てられない、でも、隣の建物との間に軒も付けられないと、何社にも断られてきました。施工してもらえて、ようやく雨の日も安心できます。

 

コンクリート打ちっ放し住宅 個人オーナー

最上階の窓ガラス1枚だけの交換、五十万円の足場が不要になり、大変助かりました

 

高層マンションの最上階のはめ殺しのガラス、たった1枚の交換のために足場が必要なのかと困っていました。無足場で施工してもらえて本当に助かりました。

 

マンション 個人オーナー

よくあるご質問

よくご質問いただく内容をご紹介します

Q
ロープアクセスとロープブランコは違うものですか?
A

はい。違います。

「ロープで体を保持しながら移動する」という目的は一緒ですが、ロープアクセスではフルボディハーネスに直接ロープを固定します。ロープブランコはブランコにロープを固定します。作業者にはブランコを経由して固定しますし、必ずしもフルボディハーネスを使ってはいないようです。

ロープアクセスはヨーロッパで発祥した技術で、世界中で使われているより安全性の高い技術です。国内では国土交通省などの公共事業でも採用されています。

Q
ロープアクセスではまともな施工ができないと聞きましたが?
A

そんなことはありません。ビルスターでは足場を使った工事も多く行っていますが、無足場であっても同等の施工を行っています。

足場を使った工事であっても悪い施工をする業者はたくさんあります。ロープアクセスで施工する業者にも施工レベルの低い業者はたくさんあります。特に、ロープアクセスは日本ではまだ歴史が浅く、熟練した職人が少ないのは事実です。

各種サイトでも無足場ではまともな施工はできない・・・と書かれている場合もあります。ロープアクセスは日本の建築業界ではまだ十分に利用されていません。ですので、ほとんどの日本の建築業者は無足場で施工したことがありません。ましてや、熟練の職人の無足場ロープアクセスでの施工を見たことがある人は皆無に等しい状況です。正しく評価できる人はほとんどいません。悪い業者・良い業者がいるのは足場でも同じですので、ロープだからダメ、足場だから大丈夫、ではなく、良い業者を選ぶことが重要です。

ビルスターでは足場での施工を含めた経験豊富な自社職人を中心に施工しています。また、ビルスターはロープアクセス専業ではありません。同じ自社職人が足場も使って大規模改修工事も行っています。足場であってもロープであっても同じ品質を確保しています。

万が一、無足場ロープアクセス工法では施工品質が確保できない施工の場合は、足場を含めた施工品質が確保できる方法を提案します。

Q
安くなりますか?
A

安くなる場合もありますが、ならない場合もあります。

無足場だから安い!と謳っている業者が多いようですが、必ずしもそうではありません。足場費用は不要になりますが、無足場で足場と同じ品質で施工しようとするとやや手間がかかる作業があるのも事実です。足場と同じ材料・同じ施工を行うと、建物の状況によりやや安い場合もあれば、ほとんど変わらない場合もあります。

安い・高いだけではなく、足場が不要なことによるメリットや、足場・高所作業車なども含めた総合的な提案力、施工品質へのこだわりで弊社を選んで頂くお客様が多いです。

Q
ロープ専門業者じゃないのですか?
A

違います。足場の工事が半数程度です。

ビルスターは建物の改修工事専門業者です。足場・ゴンドラ・高所作業車・ロープアクセスなどはあくまで移動の手段です。行ってから何をするか、が大切と考えています。従って、ロープアクセスが適していればロープアクセスをご提案しますし、足場が適していれば足場を提案します。

もちろん、ロープアクセスが適している建物・施工はたくさんありますので、結果的に半数程度は無足場ロープアクセス工法で施工をさせていただいています。

お問い合わせ

無足場ロープアクセス施工のご相談・診断は24時間無料受付中!

お電話でのお問い合わせ 📞0120-545-625 (平日9:00~17:00)

Tips

外壁施工の教科書

個人様から大手企業まで様々な現場で施工しています

施工させていただいた施設・取引先等(施主様は異なる場合があります)