ビルスターのシーリング施工

シーリングは現代の建築物には欠かせない、優れた素材です。
ですがシーリングはあまり耐久性がなく、5年前後で点検や場合によっては補修などが必要になります。
ビルスターでは、そんなシーリングをできるだけ長持ちさせるために、さまざまな方法をご提案しています。
シーリングとは?

シーリング施工は
こんなことを解決します

Point1
外壁面のヒビ割れを防ぐ

外壁面の施工に使われる建材の一つに「サイディング」があります。サイディングは外壁に貼る仕上げ板のことで、耐水性に優れ、種類やデザインが多様なことで最近の一般住宅に広く普及していますが、硬くて薄いことで気温変化や地震の際にヒビ割れや破損が起こってしまうことがあります。
そのため「目地」と呼ばれる隙間にシーリングすることで、サイディングへの負担を減らし不具合を防ぎます。

Point2
雨漏りを防ぐ

雨漏りは屋根からの浸水のイメージが強いですが、壁面からの雨漏りも起こることがあります。壁面から浸水した場合、建物の柱などの躯体(床や柱、壁、梁など)に浸水し腐朽被害が出ることがありますが、壁面のため浸水に気付きにくく、被害が大きくなってから発覚することも多々あります。

資産価値を守るために
シーリングメンテナンスのご提案

残念ながらシーリングに使われる変成シリコンやウレタンは耐久性がそれほどありません。メーカーや関連協会では5年経過後から点検し、必要に応じて補修を行うことを推奨しています。
もちろん、建物の向きや隣接建物との関係による紫外線のあたり方、塗装の状態などによってはもっと長期間、機能を維持する場合もあります。
しかし、いずれにせよ持って10年というのが現在のシーリング材料の耐久性です。

しかしビルスターなら、無足場で補修できるので足場費用を削減。
さらにRe・テックウォール*でコーティングを行えばUVカット効果でシーリングの劣化を抑えます。同時施工がオススメです!
また、材料はコニシ社ボンドブランド製品を採用。
少しでも長持ちさせるため、一流メーカー品を採用しています。状況に応じて超高耐久・高耐候シーリング剤もご提案しています。

豊富な施工実績

シーリングの施工事例

ダウンロード無料

豊富な施工事例からあなたの課題を解決する方法をご確認ください

よくあるご質問

よくご質問いただく内容をご紹介します

Q
〇〇〇〇は〇〇〇〇ですか?
A

そんなことはありません。私たちでは○○を用意して、○○しているから、○○のようなお客さまにも安心してお使いいただけます。そんなことはありません。私たちでは○○を用意して、○○しているから、○○のようなお客さまにも安心してお使いいただけます。

Q
〇〇〇〇は〇〇〇〇ですか?
A

そんなことはありません。私たちでは○○を用意して、○○しているから、○○のようなお客さまにも安心してお使いいただけます。そんなことはありません。私たちでは○○を用意して、○○しているから、○○のようなお客さまにも安心してお使いいただけます。

Q
〇〇〇〇は〇〇〇〇ですか?
A

そんなことはありません。私たちでは○○を用意して、○○しているから、○○のようなお客さまにも安心してお使いいただけます。そんなことはありません。私たちでは○○を用意して、○○しているから、○○のようなお客さまにも安心してお使いいただけます。

Q
〇〇〇〇は〇〇〇〇ですか?
A

そんなことはありません。私たちでは○○を用意して、○○しているから、○○のようなお客さまにも安心してお使いいただけます。そんなことはありません。私たちでは○○を用意して、○○しているから、○○のようなお客さまにも安心してお使いいただけます。

Q
〇〇〇〇は〇〇〇〇ですか?
A

そんなことはありません。私たちでは○○を用意して、○○しているから、○○のようなお客さまにも安心してお使いいただけます。そんなことはありません。私たちでは○○を用意して、○○しているから、○○のようなお客さまにも安心してお使いいただけます。

お問い合わせ

無足場ロープアクセス施工のご相談・診断は24時間無料受付中!

お電話でのお問い合わせ 📞0120-545-625 (平日9:00~17:00)

Tips

外壁施工の教科書