本当に安い?激安工事の秘密を解説!激安工事を依頼する前にぜひご一読ください!

こんにちは。

今回は、「外壁工事、足場こみで100万円!」などの、激安工事業者の安さの秘密やそのデメリットなどについて、外壁工事のプロがお話ししたいと思います!

激安の見積もり・・・本当に依頼して大丈夫?

ビルスターでは、いろいろなお客様のところへ現地調査・お見積もりに伺いますが、建築業の常で相見積もりを取られる方もいらっしゃいます。

もちろんそれ自体は悪いことではありません。適正な価格を探り、良い工事業者を探すための王道とも言えます。

しかし、こんな事例もよくあります。

4階建の鉄骨ALCビル。メンテナンス状態が悪く、しっかりとした施工をする必要がある建物で250万円のお見積もりを提出しました。

すると、

お客様

「ほかの業者が100万円で足場を立ててやると言ってる。足場もいらないんだから80万円くらいでできると思ってた。」

とおっしゃられることがあります。

一般的には足場設置こみでこの価格は激安です。当たり前ですが、工事費用は安く済むならそれに越したことはありませんよね。

では、そういった激安の工事業者に依頼しても大丈夫なのかが気になるところですよね。

工事費用の大部分は職人の人件費です

ビルスターは激安施工店ではありませんが、適正価格でお見積もりをさせていただいているつもりです。

工事費用のほとんどは人件費で、あとは材料費と広告宣伝費というのが、どの業者であっても同じ工事費用の使い道です。工場の大量生産品と違い、現場で施工するものですから、人件費をきちんと使うというのが非常に重要です。

現場の職人からしたらお会いしたこともないお客さんのために、1日5000円や8000円で働こうという良い職人はいません。

適正な範囲での価格競争や、新技術の導入によるコストカットなどはどんどんやるべきですが、はたして最低賃金にも満たない金額で働く職人を使って、まともな施工ができるでしょうか?

「材料を大量に一括発注しているので…」本当にそんなに安くできる?

常套句として出てくる、材料の一括発注・独自ルートなどで材料費が激安なので…という言葉。

はたして、そんなに激安の材料があるのでしょうか?

もちろん、全く同じ材料であれば、安く仕入れたいのはビルスターもどの業者も同じです。ですが、塗料やシール材料は大手メーカーの材料がほとんどです。そんなに安く仕入れられるでしょうか?型落ちだから安い!なんてことも無い世界です。

また、外壁工事の場合、材料費は工事費用全体に占める割合はそれほど大きくありません。

どうせやるなら良い材料で・・・とお勧めするのも、良い材料を使ったからと言って、それほど値上がりするわけでは無いからです。

どんな施工になる?

現地調査で出会うこんな施工は激安施工店なんだろうな、という物件をご紹介します。

激薄・下塗りなしの塗装

極めて薄い膜厚で、さらに下塗りなし。あっという間にペラペラと剥がれてきてしまっている塗装。

もちろん、施工した直後はきれいです。お客さんは気がつきません。

シールは打ち増し・打ち替えなし・プライマーなし・攪拌なし

目地のシールは建物の防水に非常に重要です。目地のシールが切れてしまえば、建物の中に水がはいります(一部、例外あり)。

そんな大切なシールですが、塗装してしまえば施工したかどうかわかりませんよね。

プライマーなしは安いサイディングの建売住宅なんかでよく見かけます。同時に発売された住宅街すべてで、シールがベロンと剥がれてしまっているものです。
これは、明らかにプライマーを塗らずに施工したと思われます。プライマーを塗らなくても、新築時・施工時はきっちりしているように見えます。見た目ではわかりません。でも、数年たつと、当然剥がれてしまいます。

攪拌なし・・・あるいは攪拌不良でしょうか。
塗装の下に隠れてしまう目地のシールには二液ウレタンをよく使います。1液のシール剤にくらべて安価で、施工性にも優れているためです。しかし、二液というだけあって、二つの材料をよく攪拌して混ぜ合わせる必要があります。

材料を混ぜ合わせるには専用の機器を使いますが、攪拌には15分もかかります。時間がない・お金がない現場であれば、15分は待っていられないのでしょうか。攪拌不良で硬化不良をおこし、ドロドロになってしまったシールを時々見かけます。

もちろん、きちんと硬化していませんので、重力に従って垂れ下がってしまいシールできなくなりますし、次の工事のときには撤去に多大な手間がかかります。

ビルスターでも、前の業者の施工不良によって除去に手間がかかる場合は追加料金をいただいています。

結局は高くつく・その後も取り返しがつかない激安工事

きちんとした施工をしないと、その時にはきれいになったように見えても、すぐに再度工事が必要になりますし、その時には余計な手間がかかる(シールの撤去に2倍3倍時間がかかったり、剥がれかかった塗料を除去したりしなければなりません)ため、工事費用は本来の価格よりも高くなります。

施工不良の塗膜はなるべく除去しますが、除去したところと除去していないところには不陸(凸凹)ができます。

もちろん、下塗りをしっかりして、目立たなくしますが、元々平滑なちゃんとした塗膜の上に施工するのとでは、やはり仕上がりにも差が出てきます。差をなくそうとすると、追加で費用がかかります。

シールは可能な限り除去しますが、細かいところに入り込んだドロドロのウレタンは除去し切れるものではありません。

やってはいけない防水工事をしてしまっている現場では、本来なら上から簡単に施工できたはずの工法が採用できず、通気絶縁工法のシート防水しか選択肢がなくなり、高くかかることがあります。

本当に、激安工事でいいですか? 3年後、5年後には最初からちゃんとした業者で施工してもらえば良かったと後悔することになりませんか?