シーリングとは?

シーリングは現代の建築物には欠かせない、優れた素材です。
防水性があり、なおかつ伸縮性がある素材で目地をシーリングすることで、
建物に柔軟性を持たせ、気温や地震などによる変形で壁が破壊されないようにしています。

5年を過ぎたら点検、
メンテナンスの検討が必要!

残念ながらシーリングに使われる変成シリコンやウレタンは耐久性がそれほどありません。メーカーや関連協会では5年経過後から点検し、必要に応じて補修を行うことを推奨しています。
もちろん、建物の向きや隣接建物との関係による紫外線のあたり方、塗装の状態などによってはもっと長期間、機能を維持する場合もあります。
しかし、いずれにせよ持って10年というのが現在のシーリング材料の耐久性です。

目地からの水の侵入を防ぐシーリング

シーリングは残念ながら、長期間メンテナンス不要の材料はありません。
しかしビルスターなら、無足場で補修できるので足場費用を削減。
さらにRe・テックウォール*でコーティングを行えばUVカット効果でシーリングの劣化を抑えます。同時施工がオススメです!
また、材料はコニシ社ボンドブランド製品を採用。
少しでも長持ちさせるため、一流メーカー品を採用しています。状況に応じて超高耐久・高耐候シーリング剤もご提案しています。

解決できること

  • シーリングにひび割れが出てきた
  • 雨漏りして困っている

シーリングの施工事例