大阪市のマンションで雨漏りしており困っているとご相談いただきました。RC(鉄筋コンクリート)の大規模なマンションですが、目地のシールが全体的に劣化しており、雨漏りの原因となっていました。

本来であれば全てのシールを打ち替えるべきですが、今回は緊急対応で雨漏りが深刻なお部屋の周囲だけ施工して欲しいとのご依頼。1日で施工完了しました。

課題

入居者はお怒り・・・すぐに施工したいが大規模改修はすぐにできない

  • すでに雨漏りしており、入居者からクレームが発生。
  • 防水は綺麗なため横目地が原因と推定できる。だが、足場をかけないと施工できない。高所作業車も近づけない。

選んだ理由

無足場ロープアクセス工法なら1日で施工完了

  • 屋上から降下して横目地に沿って移動。劣化したシールの打ち替えを1日で施工。
  • 足場や高所作業車に比べても迅速。工期も短く、結果として費用も抑えられる。
課題

横目地2本のために足場を架設はできないが、施工しないわけにもいかない

雨のたびに雨漏りする。入居者としてはたまったものではない。相当なストレスになるのもわかる。しかし、2本だけの目地を施工するために一面に足場をかけることも費用を考えると難しい。

全体を改修すべきなのはわかっているが、すぐにはできない。なんとか、今の雨漏りを止めて、時間を作れないか。

そんな切実な悩みから、無足場ロープアクセス工法に打診いただきました。

選んだ理由

わずか1日で施工完了。

朝、現場に到着し状況を確認。30分ほどでロープをセットし、作業開始。

横目地に沿って移動しながら、まずは劣化したシールの除去。下に落とさないよう、注意して作業します。除去が完了したらプライマーを塗布し、新しいシールを施工。昼過ぎには施工完了しました。

本来であれば、全ての目地をやりかえなければならない状態でしたが、緊急対応でピンポイントに施工させていただきました。

無足場ロープアクセス工法であれば、全面の足場も不要で直ちに着工できるため、工期も短くすることができます。

丁寧な施工

Point
無足場だからといって、施工がしっかりできなければ無意味です。足場がある場合と同等以上に丁寧に施工。

横目地でも迅速に移動

Point
ロープに沿って上下に移動するだけではなく、横移動も可能です。状況に応じて移動します。

高くても、低くても施工可能

Point
建物の高さに関わらず施工できます。